スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ファンタスティック4

2008/05/30 14:25
何故彼らには4つの力が与えられたのか・・・
最強の4人対最凶の1人の戦いが始まった!
fantastic4-01.jpg


《My評価》
87点

《キャスト》
監督・・・ティム・ストーリー
出演・・・ヨアン・グリフィス、ジェシカ・アルバ、クリス・エヴァンズ、マイケル・チキリス
     ジュリアン・マクマホン

《ストーリー》
人間の進化に多大な影響を与えたと考えられる宇宙嵐の秘密を解明し、全人類の役に立たせようと考える若き天才科学者のリード・リチャーズ(ヨアン・グリフィズ)は、研究のための資金援助を、大学時代のライバルで、今は自身の研究所を経営する億万長者のビクター・バン・ドゥーム(ジュリアン・マクマホン)に依頼する。野心家のビクターは、天才と呼ばれるリードの功績を我が物にしようと企み、また、リードの元恋人で現在は彼の元で働いているスー・ストーム(ジェシカ・アルバ)からの愛も深まると考え、リードに協力することになる。かくして、リード、スー、ビクターに、スーの弟でノリの良いパイロットのジョニー・ストーム(クリス・エヴァンス)、リードの同級生ベン・グリム(マイケル・チクリス)を加えた5人は宇宙ステーションへ飛び立つが、しかし、当初の計算より早く宇宙嵐が急接近。5人は荒れ狂う宇宙雲の中に巻き込まれ、その放射線を浴びてしまうのだった!
無事に地球に帰還した彼らだが、宇宙放射線によりDNAが変化し、やがてそれぞれが特別な能力に目覚める。リードは体がゴムのように伸縮自在になり、スーは光を曲げることで自分自身や物体を透明化し、強力なバリアをも発生させることが可能になった。ジョニーは自らを発火させて空を飛べる能力を身に付け、ベンは岩のように固い皮膚と怪力をもった男に変身する。
070101_fantastic4.jpg

自分たちの能力に戸惑いを隠せない4人だが、いつしか彼らのパワーは世間から注目を集め、リーダー役のリードを“Mr.ファンタスティック”、スーを“インビジブル・ウーマン(「不可視女」)”、ジョニーを “ヒューマン・トーチ(「人間たいまつ」)”、ベンを“ザ・シング(「強固な物体」)”と呼ぶ、“
ファンタスティック・フォー”として人気者となるのだった。
4.jpg

一方、多大な投資をした実験が失敗したことで投資家たちに見放されたビクターは、最愛のスーの想いまでもがリードに移っていくことに怒りと絶望を覚え、冷酷な眼差しと冷たいメタリックなボディに、破壊光線を発するパワーを持った“Dr.ドゥーム(「悲運」「破滅」)”となってしまう。Dr.ドゥームは次々と恐るべき計画を進め、ニューヨーク市民を恐怖のどん底にたたき込むが、彼の前にファンタスティック・フォーが立ちふさがる! 因縁によって結ばれた4人と1人は、善と悪に立場を分かち、想像を絶するスーパーバトルに突入する!

《感想》
ものすごいアメコミ感が出ています。
スパイダーマンのように苦悩するヒーローといった
しっかりしたストーリーはありませんが、
彼らの超能力には一見の価値あり!
でも、いまだに俺はドゥームがなんで超能力を手に入れたのか
わからない。まぁそのへんがアメコミっぽいね。

予告


banner2.gif

fc2

にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト



 Home Next>>