スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



バスケットボール・ダイアリーズ(1995)

2009/08/01 22:42
麻薬って・・・何のためにあるのだろうか・・・
バスケットボール・ダイアリーズ [DVD]バスケットボール・ダイアリーズ [DVD]
(2009/01/09)
レオナルド・ディカプリオマーク・ウォルバーグ

商品詳細を見る


《作品情報》
原題・・・The Basketball Diaries
上映時間・・・102分
製作国・・・アメリカ合衆国
言語・・・英語
補足・・・原作はジム・キャロルが13歳から16歳までつけていた日記『マンハッタン少年日記』


《スタッフ&キャスト》
監督・・・スコット・カルヴァート
製作総指揮・・・クリス・ブラックウェル 、ダン・ジェネッティ
原作・・・ジム・キャロル
音楽・・・グレーム・レヴェル
脚本・・・ブライアン・ゴルボフ
出演・・・レオナルド・ディカプリオ
     ロレイン・ブラッコ
     マーク・ウォールバーグ
     アーニー・ハドソン
     ブルーノ・カービイ
     ジュリエット・ルイス
             など


《ストーリー》
マンハッタンのダウンタウン。ミッション・スクールに通う4人の少年仲間は、マクナルティ神父が担当するクラスの問題児たち。制服を着くずし、シンナーを吸い、ちょっとした盗みを働いて虚勢を張っても、彼らはバスケットボールに夢中の他愛のない不良少年に過ぎなかった。しかし、凶暴な街マンハッタンでの経験が彼らを次第に蝕み、やがてストリートキッズとして、引き返せない道へと踏み出していく……。 (yahoo)

《評価》
ディカプリオに脱帽!
リアルな映画



ネタバレ感想

ディカプリオの隠れた?名作かもしれない。

隠れてるのかどうかは置いといて、名作。

最初は普通の青春映画かと思ってたが、

だんだん、麻薬におぼれていき・・・崩れ始める彼の人生・・・

麻薬と関係を断つかどうかで、別れた人生の分岐・・・

いろんなものを感じた。

麻薬は本当にダメだよね。

本当にリアルな生々しさが出ていた。

「最初はちょっと、おれは絶対にはまらない」
「土曜日だけ→火曜日も→木曜日も・・・そして中毒に・・・」

母の反応もリアルだった・・・たった一人の息子。

けど、そんな息子を許せない・・・。複雑な気持ちでしょうね。

ブラッド・ダイヤモンドといい、ワールド・オブ・ライズといい

本当にディカプリオは演技がうまい!!!

《動画》
style="color:#ff00ff">予告

《応援してね》
a_01_20081210175840.gifbanner_23.gif




← トルネード 地球崩壊のサイン(巨大竜巻発生)(2006) | Home | 守護神(2006) →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

No title

讃岐の造さん、こんにちは!
以前ダークナイトの記事へコメントしてもらった、すまいるといいます。
色々忙しく、返事が送れてしまいました。

相互リンクの件ですが、ぜひお願いします。
こちらは早速リンクさせて頂きました。

ブログ移転中なので、新しい方ブログの方へのリンクをお願いします。
ブログ名:Smile Cinema
アドレス:http://smilecinema.blog85.fc2.com/



やっほ^^

全然気にしてないですよ。
遅れたかどうかなんて^^
こちらもリンクさせてもらいました



Trackback

Trackback URL:
 Home