FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



コール(2003)

2009/08/29 19:43
新たな誘拐・・・
それは、家族を別々に監禁することだった・・・

コールコール
(2004/05/21)
シャーリーズ・セロンケビン・ベーコン

商品詳細を見る


《作品情報》
原題・・・Trapped
上映時間・・・106分
製作国・・・アメリカ合衆国
言語・・・英語
原作・・・アメリカのベストセラー小説家グレッグ・アイルズの「24時間」
キャッチコピー・・・外出禁止。
           誘拐。監禁。命は30分ごとの連絡でつながっている。


《スタッフ&キャスト》
監督・・・ルイス・マンドーキ
製作総指揮・・・マーク・キャントン 、ニール・キャントン 、リック・ヘス 、
         ハンノ・ヒュース 、グレン・バラード
原作・・・グレッグ・アイルズ
音楽・・・ジョン・オットマン
脚本・・・グレッグ・アイルズ
出演・・・シャーリーズ・セロン
     ダコタ・ファニング
     スチュアート・タウンゼント
     ケヴィン・ベーコン
     コートニー・ラヴ
     プルイット・テイラー・ヴィンス
                     など


《ストーリー》
カレン(シャーリズ・セロン)は、夫のウィルと6歳の娘アビーと幸せに暮らしていた。ある日、アビーが誘拐され、カレンの前に誘拐犯ジョー(ケヴィン・ベーコン)が現れる。ジョーの従兄弟マーヴィンがアビーを拘束し、妻のシェリルが出張先のウィルを見張っている。3人は家族を別々に監視し、これまで何度も誘拐を成功させていた。しかし、ジョーの計画はアビーの持病によって狂い始める。さらに、娘を愛する夫婦の行動は、ジョーたち3人に思いもよらない混乱を巻き起こしていく・・・(goo
011_20090829192408.jpg

《評価》
後半から、グダグダ


ネタバレ感想

最初のほうは、かなりおもしろそうで

わくわくしてましたよ。  でもね、後半からのグダグダが・・・

キャストは、なかなかな豪華さで、魅力ですよね

ケビン・ベーコンの憎らしい悪役は、うまいですし、

ダゴダ・ファニングやセロンも、いい味だしてますし。

俺は、どっちかというと、犯人側の立場から見たほうが、いいと思う

犯人側に同情するよ・・・     最後とかはもう、家族がむかついて、仕方がない

ほんとに、娘のためだったら、他の奴は誰が死のうとお構いなしかよ^^

ハイウェイに飛行機でつっこんで、娘のためかよ。

犯人側が主役だな、これは。

この誘拐の目的は、実の娘の恨み?

でもなんで、それだったら、以前にも誘拐をやってきたんだ?

結局のところ、実の娘はなんだったんんだ?

もやもやしておわったね。

《動画》
予告


応援コーナー
banner_23.gif
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
a_01_20090321112326.gif



← アイス・プリンセス(2005) | Home | フレフレ少女(2008) →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home