FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トゥモロー・ワールド(2006)

2009/12/11 18:10
子供が生まれない・・・そんな時代がやってきた・・・
予告


《作品情報》
原題・・・Children of Men
上映時間・・・109分
製作国・・・イギリス/アメリカ
言語・・・英語/スペイン語
制作費・・・約7000万ドル
興行収入・・・約3500万ドル
補足・・・第63回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に正式出品され、オゼッラ賞(技術貢献賞)
     ロサンゼルス映画批評家賞で撮影賞
     第79回アカデミー賞では脚色賞、撮影賞、編集賞でノミネート
     第33回サターンSF映画賞


《スタッフ&キャスト》
監督・・・アルフォンソ・キュアロン
製作総指揮・・・アーミアン・バーンスタイン 、トーマス・A・ブリス
原作・・・P・D・ジェイムズ
音楽・・・ジョン・タヴナー
脚本・・・アルフォンソ・キュアロン 、ティモシー・J・セクストン
出演・・・クライヴ・オーウェン
     ジュリアン・ムーア
     マイケル・ケイン
     キウェテル・イジョフォー
     チャーリー・ハナム
     クレア=ホープ・アシティ
     パム・フェリス
     ダニー・ヒューストン
     ピーター・ミュラン
               など


《ストーリー》
西暦2027年、人類は18年間の長期に渡って子どもが生まれない未曾有の異常事態が続いており、このままでは人類絶滅の危機は免れなかった。そんな中、国家の仕事に就くテオ(クライヴ・オーウェン)が、人類存続に関係する重要な情報を握り始める。人類の未来はおろか自分の将来でさえ興味を示さないテオだったが……。(Yahoo)
325652view012.jpg

《鑑賞前の予備知識》
・全体的に暗い
・長回しのシーンがある
・ストーリーはちょいムズイ


《評価》
見所は長回しだけかな・・・?


ネタバレ感想

ストーリーは正直そんなに納得してないし

多分理解できてないんだと思う、赤ちゃんが

生まれないっていうのは、未来にも起こりうることなんですかね。

もし起こったら、人類はどうなるんでしょうか?

やっぱりこの映画のようになるんですかね・・・

個人的に、気になったのは、最後のあのシーンのあとの

その後ですね。いったいどういうことだったんでしょうか?

あとやっぱりこの映画で印象に残ったシーンと言えば

長回しのシーンでしょ。

カットなしだから、カメラに血?とかついちゃったりしてるんですけどね、

逆にそれがよかったんですけどね個人的には(笑)

やっぱり俳優も凄いけど

結果的にはこの映画のチームの技術も凄いですよね^^

《参考になったら↓をクリック》
banner_23.gif
a_01_20090321112326.gif
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



← 2 days トゥー・デイズ (1996) | Home | ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2208) →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home