FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ワイルド・バレット(2006)

2010/10/07 17:59

陰謀と裏切りが交錯する夜の街、一丁の拳銃をめぐる一夜の物語

ワイルド・バレット DTS スペシャル・エディション [DVD]ワイルド・バレット DTS スペシャル・エディション [DVD]
(2009/03/27)
ポール・ウォーカーヴェラ・ファーミガ

商品詳細を見る


《作品情報》
原題・・・Running Scared
上映時間・・・122分
製作国・・・アメリカ合衆国・ドイツ
言語・・・英語・ロシア語
補足・・・クエンティン・タランティーノさんが絶賛。


《スタッフ&キャスト》
監督・・・ウェイン・クラマー
製作総指揮・・・アンドリュー・フェッファー 、アンドレアス・グロッシュ 、
        アンドレアス・シュミット 、マット・ルーバー 、スチュワート・ホール
音楽・・・マーク・アイシャム
脚本・・・ウェイン・クラマー
出演・・・ ポール・ウォーカー(ジョーイ・ガゼル)
     キャメロン・ブライト(オレグ・ユゴルスキー)
     ヴェラ・ファーミガ(テレサ・ガゼル)
     カレル・ローデン(アンゾ・ユゴルスキー)
     チャズ・パルミンテリ(ライデル刑事)
     ジョニー・メスナー
     イワナ・ミルセヴィッチ
                    など


《ストーリー》
イタリアン・マフィアに所属するジョーイは警官殺しに使用された銃の後始末を頼まれ、自宅の地下室に隠した。しかし隣家に住む息子ニッキーの友人オレグがその銃を盗み、虐待を続ける父親ユゴルスキーを撃ってしまう。ユゴルスキーは急速に勢力を伸ばすロシアン・マフィアのボスの親戚で、銃の出所が知られたら大変なことになる。ジョーイは銃を持ったまま姿を消したオレグの追跡を開始するが・・・。 (goo)
main_large.jpg


《評価》


a_01_20090321112326.gifbanner_23.gifにほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

《感想》
アクションは銃弾が乱れ飛んで、激しかった。

でも、見るべきところはそこじゃなくて、

一発の拳銃がもたらす、さまざまな物語かな。

ちょっと俺的には、まだあまり分かり切ってないところがあるけど、

そこは、また次の見る機会に補うとして、

キャストがなかなかでした。

主役のポールウォーカーは「ワイルドスピード」シリーズに主演していて

子役も、ウルトラヴァイオレットやバタフライエフェクトに

出演している子です。その他の人も一度は見たことがあるような映画に出ています。

あとこの映画を吹き替えで見ることなったんですが、

個人的には字幕をおすすめします。

《ギャラリー》
sub2_large.jpg

予告



← アウトランダー(2008) | Home | フォーブラザーズ/狼たちの誓い(2005) →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home