スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



パブリック・エネミーズ(2009)

2010/12/14 19:59
俺は殺されない、
俺は愛する女と年老いて死ぬ・・・


パブリック・エネミーズ [Blu-ray]パブリック・エネミーズ [Blu-ray]
(2010/05/26)
ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル 他

商品詳細を見る


《作品情報》
原題・・・Public Enemies
製作会社・・・ユニバーサル映画
      ラティビティ・メディア
配給・・・ユニバーサル映画
    東宝東和
上映時間・・・143分
製作国・・・アメリカ合衆国
言語・・・英語
製作費・・・約1億ドル
興行成績・・・約2億ドル
補足・・・原作はブライアン・バーロウによる、
    実在した犯罪者ジョン・デリンジャーを主人公としたノンフィクション本。
    SCREEN(近代映画社)「2009年度読者選出ゴールデン・グランプリ」作品部門第1位

《スタッフ&キャスト》
監督・・・マイケル・マン
製作総指揮・・・G・マック・ブラウン
音楽・・・エリオット・ゴールデンサール
脚本・・・ロナン・ベネット 、アン・ビダーマン 、マイケル・マン
出演・・・ジョニー・デップ(ジョン・デリンジャー)
クリスチャン・ベイル(メルヴィン・パーヴィス)
マリオン・コティヤール(ビリー・フレシェット)
ビリー・クラダップ(J・エドガー・フーバー)
スティーヴン・ドーフ(ホーマー・ヴァン・メーター)
スティーヴン・ラング(チャールズ・ウィンステッド)
                            など

《ストーリー》
大不況時代の1933年、銀行強盗のデリンジャーは、不況にあえぐ庶民たちのヒーロー的な存在だった。ある日、シカゴのバーで、デリンジャーは一人の美しい女性に目をとめる。その女性ビリーをデリンジャーは食事に誘い、銀行強盗であることを打ち明ける。その頃、FBIは敏腕捜査官パーヴィスをシカゴに送り込み、デリンジャーを「パブリックエネミー(社会の敵)」として逮捕をもくろむ。愛し合うデリンジャーとビリーだったが、ビリーの目の前でデリンジャーは逮捕。しかし彼は脱獄し、再び犯罪を繰り返す。(goo)
22222.jpg

《評価》

・ジョニーデップの格好よさが際立っていた。
・ノンフィクションだと思えない。
・主人公のデリンジャーがもつ、自分自身のポリシーがいい。
・女のひとの強さを改めて感じた。
・最後のシーンが切なかった。 

《動画》
予告





← 恋人はゴースト(2005) | Home | マンマ・ミーア(2008) →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home